闇民泊VS合法民泊

airbnb全般
関西の民泊研究家@阿部
2016年9月15日
url

hostlaboでは旅館業を取得した合法的な民泊でも旅館業を取得していない民泊でも地域の住人には周知するようにしております。

しかし面白い事に、うちのように地域住民に周知している事業者はかなり少なく、先日も町内会の会長にお土産を持ってアポなしで挨拶に行ったところ目を丸くして驚かれ

「この辺りは民泊がかなり多いがあなたのような業者は初めてだ。」

と驚かれました。話を聞いてるとここ数年の間に無許可で尚且つ周囲に何の通達もなく民泊を始める家が急増していてゴミや騒音の問題等でかなり困っているとの事でした。これが民泊が闇民泊とと呼ばれる所以かなと思います。そもそも問題があった際に誰に連絡したらいいかわかならい地域住民が多いので結果として警察や保健所に連絡が入るというのは当然かなと思います。

特に田舎の地域では近隣の方々の協力があってこその民泊かなと思うので旅館業を取ってる取ってない関わらずご近所さんを大切にした民泊運営を心がけましょう。近隣と仲良くしていると勝手に地域の住民がゲストを手助けしてくれたりおもてなしをしてくれます。