閑散期にこそすべきこと

airbnb全般
収益・支払い
関西の民泊研究家@阿部
2016年2月5日
kansannki-680x410

Airbnbや簡易宿所のセミナーやコンサルティングをしていると閑散期にはネガティブな意見ばかり聞きます。   "全然お客さんが入らない。"     "物件の説明文を変えても効果がない。"     "金額を安くしても入らない。"     等・・・。外国人が少ないのでまぁ当然と言えば当然なのですが閑散期じゃないとできない事ってあるのでそれに時間を使ってはどうかなと私は思います。     儲かったお金で設備投資をしたり写真を撮り直してみたり、物件を増やしてみたりと閑散期でないとできない事って山盛りあるわけですよ。     PCとにらめっこしててもお客さんは来ません。ホストは生産的な仕事をする事に集中すべきです。       ちなみにhostlabo.comの物件は1月20日までで既に今年の戦略の練り上げ、設備投資、写真撮影等全て終わらしております。     1度閑散期だからこそできる事を見直して繁忙期に備えましょう。