Airbnbが儲からない

airbnb全般
失敗例
関西の民泊研究家@阿部
2016年1月3日
0161_493071639-684x370
Airbnb事業をスタートしてから去年の7月頃までAirbnbで儲からないという話は一切聞きませんでした。

 

 

しかしここ数ヶ月Airbnbを始めたのに儲からない。観光地で立地がいいはずなのに全くゲストが予約されない。

 

 

などの話をちょくちょく聞くようになりました。

 

 

 

年末だったので季節的な要因もありますがそれ以外にもっと重要な事があります。

 

 

それはAirbnbを使うゲスト数に対してホスト数が増え過ぎてしまってる事が原因にあげられます。

 

 

実際にですが東京でも大阪でも2年前まで空き部屋にベッド置いたり布団敷くだけでいくらでも予約が入って儲かった時期があったんですね。

 

 

それが参入する人が増え過ぎてしまったせいで供給過多になってしまい更にそこから少しでも奇麗なお部屋を作ろうとするホストが増え、NITORIやIKEAテイストの物件が増えてしまい差別化が計りにくくなり、結果として予約が入らず相場が落ちてしまいました。

 

 

大阪を例に挙げますが2014年11月 大阪のリスティング件数が約400件だったのにもかかわらず2015年11月はなんと約4000件まで増えてるわけです。
その増加数は10倍です。

 

 

対して訪日外国人数は以下のように推移しています。

 

 

2014年が1341万3600人
2015年11月までの訪日外客数 1,796万人

 

 

Airbnbのユーザー数は発表されていませんがAirbnbのユーザー数が1年で10倍増える事はなく恐らく増えても20〜30%くらいだと思います。

 

 

訪日外国人は増えてるには増えてますがAirbnbのゲストの増加数より遥かにリスティングの数が増えていますので今後Airbnbのサイト自体がうまくユーザーを増やす努力をしないと我々の競争は更に激化し、相場が下がり儲からない人がかなり出てくると見込んでいます。

 

 

また、2014年は物件準備後3ヶ月〜5ヶ月で回収できていた事もありましたが今では早くて半年、遅いと1年くらいはかかってしまいます。よくわからない代行業者に任せていたら赤字が出続ける事もありますので注意が必要です。

 

 

ではどうしたら収益が上がるようになるのか?

 

 

独自性を持たせる事も重要ですがhostlabo.comはbooking.comやエクスペディアへの登録を推奨しています。airbnbももちろん集客にはいいのですが実際にアクセス件数で言うとairbnbの5~10倍はありますしairbnbほど登録件数が増えてるわけではありません。

 

 

今年はairbnb一本でいくより他のプラットフォームにも目を向ける必要が出てきます。