布団 vs ベッド

未分類
2015年11月15日
hostlaboが管理している物件では布団とベッド両方で部屋を運用しています。

外国人はベッドが基本と思われている方も多いですが、日本に来るゲストさんには畳の上に布団で寝たいという方も多いです。

京都の物件は畳にして布団をしく部屋がほとんどですがどの部屋もかなり高い稼働率を保っています。

最近のアパートはフローリングが多いので畳の業者に頼んでフローリンぐの上に畳を敷いたこともありました。

京都の同じ建物内の同じ間取りの物件で布団とベッドを比べた場合布団の部屋の方が稼働率が高いことがいくつかありました。

実際シングルベッドは背の高い外国人には小さいのであまり好まれないことがあります。布団だと少々はみ出しても快適に寝れるので体の大きい人も快適に寝れるようです。

布団は安いものだと腰が痛いなどと苦情になったこともあるので安いものではなく厚さ10センチなどの厚い敷布団を使うようにしましょう。

クイーンやキングサイズなど大きめのベッドを置いている部屋は他の部屋に比べて稼働率が高いようです。

キングサイズのベッドを作るときはシングルサイズのすのこかフレームを2つ並べてその上にキングサイズの布団を置くと割りとコストを抑えてベッドのセットを作ることができますよ。